医療法人社団 履信会 さっぽろ西野二股整形外科

交通アクセス

お電話でのお問い合わせ 011-668-8887

文字の大きさ

外来案内

腰部脊柱管狭窄症とは?

背骨は体幹の支持機能を担っていますが、その中に中枢神経である脊髄が通る構造になっています。背骨の中の脊髄の通り道を脊柱管といいます。腰椎(腰の背骨)での脊柱管を腰部脊柱管といいます(図A)。

この腰部脊柱管が狭窄し、脊髄神経が長期的に圧迫されることによって、下肢に神経性の症状を呈する疾患を「腰部脊柱管狭窄症」といいます。種々の原因で腰部脊柱管は狭窄するのですが、多くは腰椎のつなぎ目である椎間板・椎間関節・黄色靭帯の、経年的な変化・変性によって起こる同部の変形・増殖性変化による狭窄です(図B)。

症状

腰椎での脊髄神経の障害によって神経症状を呈します。下記の①~③が代表的なものです。心当たりのある方は、腰部脊柱管狭窄症かもしれません。

間欠跛行(かんけつはこう)

「最近歩いていると腰から脚にかけてだんだん痛くなって歩けなくなる。少し腰を曲げて休むとよくなるのだが、歩き出すとまた痛みが出て長く歩けなくて・・」といった症 状です。歩行や立位の継続で、お尻や下肢に痛みや痺れが出現・増悪してくる症状。座ったり、立ち止まったりと、休むことで症状が軽減するが、また歩行や立位を再開・継続すると同様に症状が出る。連続歩行が困難になる。

坐骨神経痛、大腿神経痛

「お尻から下肢にかけて走るような痛みが続いていて」、「下肢にシビレを伴った痛みがある」などの症状です。歩行・立位の継続に関わらず、脊髄神経の支配領域の疼痛が出現するものです。

下肢の感覚障害、筋力低下

「足の裏の感覚がおかしい」、「すねの外側から足のシビレがある」、「敷居につま先が引っかかりやすくなった」、「スリッパが脱げやすい」などの症状です。脊髄神経の麻痺症状で、下肢の感覚障害、筋力障害が見られることがあります。

診断

問診・触診から腰部脊柱管狭窄症が疑われる場合、画像検査を行うことで多くの場合確定診断されます。X線撮影で腰椎の形態・動きを評価しますが、それだけでは脊柱管の形態は描出できませんのでMRI撮影で脊柱管狭窄の有無を診断いたします。(MRI画像:図A、B)

治療

まずは薬物療法、理学療法(リハビリ)、ブロック療法などの組み合わせにて加療を行っています。当院ではマン・ツー・マンでの担当理学療法士による理学療法、特に運動療法(筋トレ、姿勢の教育など)に力を入れており、また、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどのブロック療法を積極的に行っております。腰部脊柱管狭窄症は、全例が進行性の経過をたどるとは限らず、これらの加療で症状が緩解するケースが少なくありません。

しかしながら、これらの加療にもかかわらず症状が持続・増悪してくるケースがございます。その場合は手術加療が選択されます。手術によって脊柱管の狭窄要素を取除くものです。術式は狭窄の状況によっていくつか選択肢がございますが、当院では顕微鏡を用いて低侵襲な「棘突起縦割脊柱管除圧術」を主に行っております。

棘突起縦割脊柱管除圧術

背中に約3~4cmの皮切で行います。手術用顕微鏡を用いて脊柱管を形成し脊髄神経の除圧を行います。
おおよそ1時間の手術です。翌日からコルセットを装用し歩行開始です。1~2週間で退院可能です(図C)。

図C:手術前・後のMRI

各種ご案内

お問い合わせ

011-668-8887 FAX.011-668-8885

診療科目

整形外科・リハビリテーション科

診療・受付時間

月曜日~金曜日

午前
8:30~12:00
午後
13:30~18:30

※ 物理療法は18:00まで

土曜日

午前
8:30~12:00

※ 日曜・祝日・土曜日午後は休診

アクセス

〒063-0036
札幌市西区西野6条3丁目1-5

詳細はこちら>